MBA ファンディングアドバイザー®西谷佳之

金融機関経験を活かした中小企業の創業・経営支援

「クラウドファンディング」 一覧

クラウドファンディングからVALUへ、VALUから・・ 共感を得るツールの行く先

共感を得るためのツール 日本において、クラウドファンディングの登場で、共感を得ることが出来る範囲は、一気に広がったのではないでしょうか。 それまでは、自分が動ける範囲、つまり実体験参加型のツールが圧倒 ...

「地方創生」成功のカギは、◯◯◯にあり

地方創生の多くが失敗している 現在、自治体が中心となって行われている地方創生ですが、いくつもの成功事例が取り上げられている一方で、 その何倍、何十倍もの地域で失敗していることは、大々的に報じられること ...

事業を拡大するために、3つのクラウドファンディングを使い分ける

事業を拡大するために 事業を始め、事業拡大していくためにはマーケティングを行いますが、 一般的に使われているのは、STPマーケティングの手法です。 STPマーケティングとは マーケティング論の権威者で ...

これから始めるクラウドファンディング、Eコマース化の影響をどう読むか?

クラウドファンディングの危機? クラウドファンディングがどんどん変わってきています。 というか日本独自の形になりつつあると言っていいかも知れません。 特に購入型クラウドファンディングでは多くのサイトが ...

寄付の苦手な日本で失敗しないための クラウドファンディング4+2のポイント

クラウドファンディングは資金集めツールではないですが クラウドファンディングが資金集めではないというのは、何度もお話ししています。ただ、資金集めの側面があることはご存知の通りです。 前回のブログ『「日 ...

「日本人はなぜ寄付に消極的なのか」市場より資金を集めるために考慮しておきたいこと

日本人は寄付をしない よく日本人は寄付をしないと言われています。 2015年寄付白書インフォグラフィックより これは、2015年寄付白書から発表された世界のの寄付市場の推移を表した図ですが、 アメリ ...

no image

なぜ?「カーリング協会のクラウドファンディングが叩かれてしまっている件」

ちょっと趣向を変えて。。。 メダル獲得おめでとうございます! まさに今、注目の的ですね!! 日本初の快挙です!すばらしいです! なのですが、何故か場外でもカーリングが注目されています。 『カーリング  ...

こども達が教えてくれる これからの「動画」マーケティング

「こども20年変化」 博報堂生活総合研究所は小学4年生から中学2年生までのこども達を対象に、20年間アンケート調査を行ってきました。その結果が「こども20年変化」として発表されました。   ...

クラウドファンディングで共感を得る為に知っておきたい顧客心理(ナッジ理論に学ぶ)

今年のノーベル経済学賞は知っていますか 2017年度のノーベル経済学賞は、行動経済学者リチャード・セイラー教授の「ナッジ理論」でした。 「ナッジ理論」・・・耳慣れない言葉ですよね。しかし、身近にいくら ...

新しい地域創生手段としてのガバメントクラウドファンディング

今回は新たな地域創生手段として、またレッドオーシャン状態である購入型クラウドファンディングのプラットフォーム業者からは ある程度まとまった金額が集まる新たな収益源として注目されている「ガバメントクラウ ...

Copyright© MBA ファンディングアドバイザー®西谷佳之 , 2019 AllRights Reserved.