MBA ファンディングアドバイザー 西谷佳之

金融機関経験を活かした中小企業の創業・経営支援

ごあいさつ

HPにお越しいただき、ありがとうございます。

現場での豊富な経験

私は銀行員出身のコンサルタントと言うくくりになります。しかし、少し違うのは、多くの銀行出身コンサルタントは5〜10年勤務したあと独立されておられますが、私は30年間現場に身を置いていると言うことです。
30年在籍し、新入社員から支店長まで経験し、これだけ現場経験を蓄積したコンサルタントは珍しいのではないでしょうか。現場のニーズ、オーナーのニーズ、富裕層のニーズ 多くのニーズに向き合ってきました。
当然、挫折も成功体験も多く味わってきました。これが私のシーズです。

理論と実践 企業外の経験

また、何ごとも、経験に加え理論が必要です。私はMBAを取得しておりますが、勤務しながら取得したことに非常に意味がありました。
理論を現場で確認、ブラッシュアップ出来たからです。

支店長として支店運営に携わっていた時ですから、多くの理論を実際に試みて、自分なりの理論に繋げています。組織運営として成果も残すことが出来ました。

また、ひとつの企業に属していることで得られる人脈、繋がりと異なる繋がりを大学院で得ることが出来ています。
組織の中で上下関係に揉まれていた自分にとって、業界も年齢も学歴も異なる人たちとフラットな関係に置かれるということは、実はもの凄いストレスなんだと感じました。

これって、実は企業のオーナーが常に晒されている環境なんですね。

この経験は、組織の中で年功序列に胡座をかいてきた自分には、目を冷ますために必要な経験だったと思います。そして、相手のバックグラウンドに左右されず、話を聞き物事を進めることが出来るようになりました。

多様化する現代に必要なこと

私の経験ばかりをつらつらと述べさせていただきましたが、どういった強みがあるのか 知っていただきたかったからです。
そして、この理論と経験はこれからのコンサルタントに必要だと思います。

なぜなら、世の中はどんどん 多様化、複雑化しています。

つまり、世の中ではひとつの専門性で解決出来るこてはどんどん減ってきているのです。

そして、外国から持ってきたやり方、他者の成功したやり方をそのまま持ってきて使うことは出来なくなってきているのです。

フォロワーからゲームチェンジャーになることが求められているのです。

皆様と一緒に

こういった現状のなかで、私は私の得てきた理論と経験を、皆さんの理論と経験と掛け合わせ、新しい施策を共に創りあげていきたいと思っています。
皆さんが、ゲームチェンジャーとなるためのお手伝いを出来ることが、テイクオフパートナーズの目的であり思いであります。

もし「誰に聞けばいいかわからない」こと、「どうしたらよいか困っている」ことなどございましたら、気軽にお声がけください。パートナーとして共に歩んでゆけることが出来れば幸いです。

The following two tabs change content below.
西谷 佳之
大阪生まれ 神戸大学大学院経営学研究科修了(MBA) 大学卒業後地方銀行勤務。約10年 4ヶ店の銀行支店長経験後リレーション推進部地域創生室を経験し、大阪大学産学共創本部特任研究員として大学発ベンチャーの創生に関わる。 一方で、中小企業支援をライフワークとし、テイクオフパートナーズを立上げ。銀行ではほぼ全ての期間で法人取引を担当した経験や、支店長として着任したすべての店舗を業績表彰店に導いた手法とMBAの知識をもとに、個社別のコンサルタントや経営関連講演を行うことで事業サポートを行っている。 銀行の枠組みを超えた企業サポート手法のひとつとしてクラウドファンディングの可能性に魅力を感じ、クラウドファンディングを利用した事業サポートに注力している。 また、起業志向学生のサポーターとして大学発ベンチャー創生にも携わっている。

更新日:

Copyright© MBA ファンディングアドバイザー 西谷佳之 , 2019 AllRights Reserved.